consiglioscienzesociali

アナウンサーの仕事とは?

学生時代、華のある職業アナウンサーになりたくて就職活動に熱心に取り組むものの、夢破れてしまい別の仕事へ。という人もいるのではないでしょうか。最初は納得して選んだはずなのに、夢を諦めることが出来ない。しかし、アナウンサーになる年齢ではない。と諦めている方へ。諦める必要はありません。 テレビ局のアナウンサーになることは難しいかもしれませんが、アナウンサーの仕事を諦める理由にはなりません。 というのも、場所を問わなければアナウンサーの仕事は多くあるのです。では、アナウンサーになるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

アナウンサーになるには 

(1) アナウンススクールに通う アナウンサーとして活動をする前に、必要なことは、正しい日本語を話す。ということです。このスキルがなければ、アナウンサーに必ずなれません。そして、アナウンサーの使う日本語というものは、標準語でなくてはいけません。訛りやイントネートションを矯正していく必要があるのです。中には、私は滑舌悪いからと諦めている人もいるかもしれませんが、滑舌は訓練すれば改善されるものなのです。そのため、滑舌を鍛える特訓、正しい日本語を話す特訓をするためには、独学ではなく専門家の指導を受けることが大切。そのために、アナウンサースクールに通うのです。 (2) 事務所に所属する フリーアナウンサーとして活躍している人も多くいますが、いきなりフリーとして活動しても誰も見向きもしません。そのためアナウンサー専門の事務所というものが、あるのでそこに所属出来るようにまずは目指しましょう。専門学校からの紹介もあるかもしれません。そこで、アナウンサーとしての生活をスタートさせることが、理想なのではないでしょうか。 (3) 仕事をこなして、キャリアアップを 所属した後は、結婚式の司会、イベントの司会といった小さい仕事からスタートするケースが多いようです。そのような仕事でも丁寧にこなしていけば、ラジオ局、テレビ局のアナウンサーとして活躍出来るチャンスがあるのです。最初の方は、タレントと同様歩合制であるため不安定な場合があるため、不安定な生活を受けいれる覚悟は必要になってきます。

まとめ 

テレビの局アナウンサーになることは難しいかもしれませんが、やりたい仕事としてアナウンサーがあるのであれば、それを諦めることはありません。 やりたい仕事は、方法を探せばどのように実現することが出来るのか。見つけることが出来るものです。 アナウンサーは、年齢とともになくなる仕事ではありません。夢を諦めてしまった人は、今からでも遅くはないので、もう一度検討してみてはいかがでしょうか。