consiglioscienzesociali

転職中必ず訪れる面接。自分の良さを示すために必要なことは?

転職活動最大の山場となるのが面接です。にも拘わらず、対策をして臨む方は非常に少ないです。面接こそ、多くの準備をして臨むべきことです。しかし、対策と言っても具体的にどんなことがあるのかわからないという方も多いと思います。ここでは、転職時の面接での気を付けるべきポイントなどを中心にまとめていきます。

面接開始前段階での準備

面接時にきをるけることは相手の印象を悪くしないという点です。これは自分をアピールすることよりも大切です。面接時に対面する面接官の方は初対面です。人間は、第一印象でその人の大半の人となりを勝手に判断することが多いです。ということは、第一印象が悪いとその時点で採用の可能性は薄くなるということです。第一印象ですから大事になってくるのは話し方などではなく見た目です。髪型・服装・姿勢社会に出ればあたりまえに出来ていなければならないことです。ましてや、転職する側の人間ですから新卒の方みたいに多少拙さが伝わってしまうような振る舞いも駄目です。面接に臨む前にまずは社会人としての見本を見直しましょう。

面接最重要ポイント・自己紹介

面接は、志望動機や自己PRなどを完璧にすれば大丈夫だと考えてはいませんか?実は、面接時に重要なのは自己紹介です。ここの部分で採用される方との差が生まれます。しかし、重要だからとはいえ長々と話すのは良くないです。自己紹介は短くシンプルにまとめるのが鉄則です。自己紹介の後には志望動機や自己PRがあるからです。先ほども説明した通り第一印象が非常に大事になります。自己紹介を上手くやることにより、その後の面接の雰囲気をこちら側に有利な雰囲気でやることができます。時間は1分長くても2分を超えないようにしましょう。

面接官に見られているポイント

自分が時していないところも面接官に見られています。相手も会社のためになる人材なのかを判断する立場ですから妥協もしてきません。しかし、見られているのは少し気を遣えば誰でも改善できるポイントです。特に重要視されるのは面接官の目を見て話せているかです。実はこれができていない方が非常に多いです。学校に通っていたころにもよく言われたと思いますが、目を見て話せていない方の話はあまり内容が入ってきません。伝える内容を完璧にするよりも、多少拙く伝えることになっても目を見て話す方が思いが伝わります。他にも声のトーンや最初と最後の挨拶の徹底などが大事になります。

まとめ

面接は当日家を出る前から始まっていることを自覚し臨みましょう。